オート・クチュールの楽しさ


ご存知でない方が殆どかと思いますが、ハワイでブランドを起ち上げる前は、ニューヨークでオートクチュールの仕事を個人でしていました。

お客さまのお宅に伺い、生地の購入から、デザインはもちろん、仮縫いなど全て顧客のお宅に伺い一対一でじっくりとご相談させて頂きながら進める楽しい作業の洋服作りです。

顧客層とニューヨーク・マンハッタンという場所柄もあり、ほとんどはカクテルドレスや、ディナージャケット、オペラ・コート、イブニングドレス、ウェディングドレス等が主なお仕事でしたが、時々とても面白いものを見せて頂く事があります。

この写真の生地はお客さまから頂いた京友禅の反物。

日本を代表するような賓客として、集まりにご出席される事も多いご婦人方は、できるだけ日本のテイストを残したドレスをよく望まれました。

由来をお聞きする事は出来ませんでしたが、京友禅の刻印があるので、スイスでハンドプリントされたらしい反物が運命的な経緯で、いまだ手元にあります。

何とも言えず、品の良いプリントでしょうか。

単純に黄色と呼ぶには恥じ入るような深みと、微妙な日本ならではの発色に加えて、海国ならではの絵柄の大胆さは、ハサミを入れるのをためらわされる素晴らしさを感じます。

海を何度も渡っては、ハワイで私の元にあるこの生地にロマンを感じずにはいられません。いつか形に作り上げようと心に決めていましたが、ふとこうして皆さまにご紹介しております。

もしもこの生地に惚れ込んだ方がいらっしゃいましたら、男女を問わず、形にできますので是非ご一報くださいませ。

又オートクチュールの仕事の依頼も受けておりますので、
お気軽にご連絡ください。

オーナーデザイナー
Kei Kinoshita

 




Kei Kinoshita
Kei Kinoshita

Author



Leave a comment